けんちく体操 - 書籍第二弾「首都高ドライブ編」発売!

更新日 2013-02-10 | 作成日 2011-04-01

taiso_title.jpg

【けんちく体操】建築物を模写する体操。外観だけでなく、構造や用途、個人的に抱いた第一印象などを身体で表現するもので、身体能力以上に、建築を見る、知る、愛する情熱が問われる体操である。やればやるほど「けんちく体質」を身に付けられると言われている。

Kenchiku Taiso is a form of gymnastics designed to depict architecture. Translated into physical expression will be not only outer forms, but also structure, utility and first impressions. The key is your passionate devotion to scanning, understanding and loving architecture. You are encouraged to express architecture.

書籍第二弾『けんちく体操 首都高ドライブ編』発売!

P00cover.jpg 全国、そして世界へと広がりはじめている「けんちく体操」の書籍第二弾『けんちく体操 首都高ドライブ編』(エクスナレッジ/1,000円)が完成!2013年1月31日に書店に並びます。今回の書籍は、「東京スマートドライバー」の協力により実現。2011年4月に出版した書籍第一弾『けんちく体操』では、世界の建物を巡ったけんちく体操マンたちが、今回は首都高を走りながら東京の名所や構築物を次々と巡ります。

 「けんちく体操」とは、これまでにない、まったく新しい体操です。建物を見て、自分自身が建物になってみる。つまり外観だけでなく、建物の構造的な特徴や、自分なりの第一印象を、からだ(ポーズ)で表していく。するといつの間にか、建築に親しむ感性=「けんちく体質」が身につきます。今回の書籍では、けんちく体操マンたちが、首都高を使い、30カ所の東京の名所や構築物を次々と巡ります。「けんちく体操」をしながら建築物の歴史的な背景や、ちょっとしたウンチクなどを軽妙な語り口で解説しているので、楽しみながら建築を学ぶことができます。読者の皆さんも「けんちく体操」をして、ぜひ記念写真を撮ってみてください!首都高で東京を一周する爽快ムービーを収録した付録DVDも必見です。


P00map.jpgP00mokuji.jpgP06arakawaYji.jpgP12sinkokuritsu.jpgP42_hakozakiJCT.jpgP76_about.jpg


 書籍とDVDのアートディレクションは、前回の書籍に続き、デザイナーの古平正義さんに、また写真は新たに写真家の薄井一義さんご協力いただきました。昨年のヨーロッパ遠征時でも前回の書籍は大好評で、日本語表記にも関わらず、手持ちの本はあっという間になくなってしまったほどでした。デザイン本のひとつとして、手元に置いていただくのも楽しいと思います。

 また今回の本は前回と異なり、今回は30カ所すべてをロケ撮影しました。実際の建物をバックに「けんちく体操」で記念写真を撮る。ぜひ、皆さんにもこのように楽しんでいただけると嬉しいです!

付録は、首都高で東京を一周する爽快ムービーDVD!


DVD_label.jpg 今回は、付録にDVD[時間:13 分]も制作しました!

 「東京駅」「代々木パーキングエリア」「箱崎ジャンクション」「両国ジャンクション」「雷門」「スカイツリー」「かつしかハープ橋」「辰巳高架橋の Y 字橋脚」「レインボーブリッジ」「横浜ベイブリッジ」「新国立美術館」と、書籍内に登場する 東京の名所を、けんちく体操マンたちが 次々と巡ります。ドライブの合間にはドライバーズ体操も。 東京・渋谷から世界へ発信するレーベル origami PRODUCTIONS の音楽にノリながら、首都高から見えるクールな東京の風景も堪能してください! 


2013年新発売!

『けんちく体操 首都高ドライブ編』クレジット

・書籍名:けんちく体操 首都高ドライブ編
・出版社:エクスナレッジ
・価格:1,000円
・著者:チームけんちく体操(米山勇+高橋英久+田中元子+大西正紀)

友達と、家族で、ワークショプへ遊びに来て下さい。


7144665103_000d63a461_b.jpg 「けんちく体操」は、老若男女、誰しもが楽しく建築を学べる体操です。建物の特徴をとらえ、自分のからだで表現していくと、いつの間にか、建築に親しむ感性=「けんちく体質」が身につきます。公式ワークショップでは、建物の写真を大きく映し出して、登場する建物の「けんちく体操」に次々とトライします。最初は一人で、そして二人、三人… 身体を動かしながら、聞こえてくるの博士の名解説と体操批評が場をどんどん盛り上げていきます。そして、最後は十人以上の団体で! ぜひ、皆さんも一度、私たちと一緒に「けんちく体操」ワークショップを楽しみませんか? 最近では、親子だけではなく、学生や大人、高齢者の方々の参加が増えてきています。

10259_455164837855082_204650345_n.jpg生まれ故郷の江戸東京たてもの園では毎年行われています。
303433_379380145433552_634029421_n.jpg2012年4月にはドイツのバウハウス大学でワークショップを。その後、スウェーデンでも行われました。
IMG_6438.JPG月島第一小学校でのワークショップ。授業に取り入れられる事例も増えてきました。
スライド236.jpg三重県、亀山西小学校では文化祭の演し物として74名による「けんちく体操」が行われています。

 昨年は、東京だけではなく長野や千葉、名古屋で。そして、ついに初めての海外、ドイツ・バウハウス大学でもワークショップを行いました。今年もすでに各所から依頼をいただいていて、東京はもちろん愛媛や富山などでも開催を企画しています。ワークショップの情報は随時、下記ホームページやFacebookなどでも告知していきます。

 ワークショップ以外にも、最近では、私たちが協力させていただき、さまざまな教育機関のや街歩きイベントなどのコンテンツとして、取り入れられる事例も増えてきました。また、私たちが提唱している、日常生活の中で「けんちく体操」を楽しむことも徐々に広がっているようで嬉しい限りです。お子さんと一緒に楽しみたい家族や、身体を楽しみながら動かしたいお年寄りの方々、新たな視点から建物を学びたい建築学生の方々、また街歩きのお供としても「けんちく体操」はオススメ!ぜひ、今後とも色んな場所で色んな形で楽しんでください。

今後のワークショプの予定
1月30日(水):IDEE社内イベントとして開催
3月10日(日):(仮)ふくしまけんちくまつり(場所:福島市アクティブシニアセンター・アオウゼ)
3月16日(土):「近・現代建築ツアー(都内版)」との連携ワークショップ(主催:埼玉県立美術館)http://momas.jp/education/
3月23日(土):江戸東京たてもの園20周年記念「大けんちく体操」ワークショップhttp://tatemonoen.jp/event/info/2013/03.html
3月中:首都高パーキングエリアで計画中

http://kenchiku-taiso.com
http://kenchiku-taiso.com E-mail : info@kenchiku-taiso.com


83X83N838A815B839383V838783b83g202012-12-082022.20.08.jpg

Pinterestでは、私たちの知らないところで日常的に「けんちく体操」を楽しんでくださっている方々をピンナップしています

flickrでは、いくつかのワークショップの写真を整理して掲載しています

2013年1月新発売!

これまでに発売した書籍とDVD

『けんちく体操 首都高ドライブ編』クレジット

・書籍名:けんちく体操 首都高ドライブ編
・出版社:エクスナレッジ
・価格:1,000円
・著者:チームけんちく体操(米山勇+高橋英久+田中元子+大西正紀)

・アートディレクション&デザイン:古平正義(FLAME)
・写真:薄井一義
・編集&執筆:大西正紀+田中元子(mosaki)
・体操:チームけんちく体操+その仲間たち

・映像制作:株式会社オニオン プロデューサー:二神壮太
・編集:高倉雅昭/スタジオ・インターフィールド
・音楽:origami PRODUCTIONS

・協力:東京スマートドライバー

もくじ(主な建物)

・荒川のV字橋脚
・雷門
・イカの耳
・国立新美術館
・一ノ橋ジャンクション
・国立西洋美術館
・大橋ジャンクション
・柴又帝釈天
・かつしかハープ橋
・渋谷 109
・大師ジャンクション
・東京駅
・辰巳高架橋のY型橋脚
・東京ゲートブリッジ
・東京港トンネル換気塔
・東京スカイツリー
・中央環状線山手トンネル換気塔
・東京タワー
・箱崎ジャンクション
・東京都庁第一本庁舎
・美女木ジャンクション
・晴海客船ターミナル
・代々木パーキングエリア
・日比谷公会堂・市政会館
・横浜ベイブリッジ
・湯島聖堂
・両国ジャンクション
・両国国技館
・レインボーブリッジ
・和光本館

・東京スマートドライバーについて
・ドライバーズ体操
・3分で分かる「けんちく体操」

http://kenchiku-taiso.com E-mail : info@kenchiku-taiso.com